読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらり旅ー芭蕉先輩には負けませんよ~ー

ふらりと旅した先を勝手にご紹介しています。

吉野山に行ってきた(7)

これは吉野山に行ってきた(6)の続きです。

寒い中トコトコと歩いてきたので、お昼ご飯は温かい物が食べたいな〜と考えていました。
吉野山名物柿の葉寿司も食べたいし悩んでおりましたら、下千本で「柿の葉寿司 やっこ」さんを見つけました。

創業 1910年代(大正年間)からの歴史があり、金峯山寺蔵王堂)前にある立派なお店です。やっこさんでは、大正時代の創業時から受け継ぐレシピにかたくななまでにこだわり、厳選した素材と独自の製法を頑固に守り通しているそうですので、期待が膨らみます。

しかも秋・冬限定の鴨うどんセットもあるので食べたいと思っていたのが全部食べれるようです。


鴨うどんセット
葛餅付(秋・冬限定)1,500円 鴨とキノコの豊かな味。デザート付きのお得なセット。
075_convert_20130217000218.jpg
寒い時に食べる温かい鴨うどんは美味しかったです。あまり馴染みはありませんが、冷え切った体が鴨肉の脂が体中にしみわたってポカポカになった気がします。


柿の葉寿司は、江戸時代中期から、吉野の地に伝わる夏祭りのご馳走だったそうです。
近海で獲れた鯖を海のない奈良、とりわけ山の奥にある吉野まで運ぶために塩でしめ、防腐効果のある奈良名物の柿の葉で包んで作られる、先人の知恵が詰まった伝統食との事です。
076_convert_20130217000417.jpg
酸味と甘みが絶妙でした。あまり鯖は好きではなかったのですが、ここの柿の葉寿司ならいくらでも食べられる気がします。

続く


【過去の記事】
・吉野山に行ってきた
・吉野山に行ってきた(2)
・吉野山に行ってきた(3)
・吉野山に行ってきた(4)
・吉野山に行ってきた(5)
・吉野山に行ってきた(6)


吉野山に泊まれます。